人の体の7割は水分、2割はタンパク質でできているため、タンパク質の摂取は非常に重要です。

体内で生成する事が出来ない9種類のアミノ酸を必須アミノ酸と言います。

これら必須アミノ酸は体内で生成できないため外部から摂る必要があるのですが、

鰹節のタンパク質はその9種類の必須アミノ酸を全て含んでいます。

 

鰹出汁の効能一覧

鰹節は、その77%がタンパク質でできており、うまみ成分であるイノシン酸や、

ヒツチジンと呼ばれるアミノ酸やペプチドなど様々な成分が含まれており

以下のような効果があると言われています。

 

▷イノシン酸

・新陳代謝の向上による美肌効果

・基礎代謝の向上による体脂肪減少、体型キープ

・抗酸化、抗アレルギー

イノシン酸は細胞生成に不可欠の物質です。

20歳頃を境に自ら作る事ができなくなっていくため、

老化の一つの原因となってしまうのです。

ですので、イノシン酸により新たな細胞生成を活性化させることで、

新陳代謝の活性化や基礎代謝の向上につながるという訳です。

 

▷メチオニン

・皮膚の老化を防ぎお肌の潤いを保つ

メチオニンと言う必須アミノ酸には、お肌の水分蒸発を抑え潤いを保つ効果が有るそうです。

肌のなめらかさは、表皮を構成する粘質多糖体の力によります。

粘質多糖体には硫黄を含むものと含まないものとがあって、皮膚が老化してみずみずしさを失うのは、

メチオニンを含む粘質多糖体が不足するためだといわれています。

 

▷ヒツチジン

・成長促進

・ダイエット効果

・ストレス緩和

ヒスチジンは体内で成長に関与し、神経機能補助を行い、慢性関節炎の症状緩和、

ストレスの軽減などの効果があります。

子供は自ら作り出す事が出来ないため、食事で補う必要があります。

また、体内で交感神経を刺激するヒスタミンに変換されることで、

「血管拡張作用による慢性関節炎の痛みやストレスを緩和する」

「食欲を抑制し、脂肪燃焼を促進する」などの効果が報告されています。

 

▷鰹節ペプチド

・疲労回復

・血圧降下

蛋白質が分解して生じるペプチドはいくつかのアミノ酸が結合した物質ですが、

個別のアミノ酸よりも体内に吸収されるスピードが速く健康効果も高いのが特徴です。

鰹節に含まれるペプチドは、運動によって体内に溜まった水素イオンを取り除くことで疲労回復に効果を発揮します。