千年前の食品舎

mailお問い合わせはこちら 0120-438-718

千年前の食品舎とは

代表あいさつ
信じられないと思いますが、私たち日本人は平均寿命までの生涯に、50 トンもの動植物を食べています。もちろん個人差はありますが膨大な命を頂いて生かされていることが分かります。それに伴い命をささげてくれた食べ物の廃棄量は倫理的にも深刻な問題になっています。これでは捨てられた命ある食べ物の魂は成仏できません。政府広報によりますが日本では年間 1900 万トンの食べられる食品が廃棄されています。世界の飢えに苦しむ人々7 億9,500 万人のうち実に 7000 万人が1年間食べていける量に相当します。

食料廃棄を種子の子孫を残す能力から考えてみます。私たちが昨日何気なく食べ残した一粒の米が玄米とすれば大地に蒔けば 1200 粒の命が生まれ、一粒、床にこぼした胡麻から 5000粒の新たな命が生まれるはずでした。一粒の米を捨てると1200粒の米を捨てることになるのです。

鶏卵からヒヨコが生まれるように卵も種子も命が完結しています。完全食ですから新たな命を生み出すことができるわけです。魚の身のように美味しく食べられる可食部分からだけでは生命は誕生しません。 昨日舌鼓を打って食べたお刺身を考えれば、食べることのできる部分は魚のわずか 4 割です。残りの 6 割の頭や骨は廃棄しています。これではあまりにも命に対して申し訳がありません。

「千年前の食品舎」では海と山の野生種を主原料にして製造時にもロスの出ない「一物全体食」を提供し続け、捧げられた食べ物の命を無駄にせず活かし切りたい思いで設立されました。ご縁があって私どもの製品を食べて頂く方が、『残すのが勿体ない』と思えるように美味しさと食の癒しにもこだわりました。癒されてこそ頂いた命が成仏してくれると思うのです。

「千年前の食品舎」は社名の由来のように 1000 年も食べ続けられて安全が証明された、生命力にあふれる食品を「一物全体食」にこだわり続けてご提供させて頂きます。
会社の展望
出汁のルーツはカツオの素干しや煮汁を煮詰め調味料として使った弥生時代にさかのぼりますが日本の文献に残る出汁(だし)の始まりは室町時代になります。天然素材 100%で煮だされた出汁は食文化を豊かなものにするだけでなく日本人の栄養改善にも貢献してきました。江戸時代には関東に鰹節の出汁が広がり、関西では昆布出汁が広まりました。時が流れ昭和になって山陰に住む親子が魚の命を丸ごと活かし、天然ペプチド「だし&栄養スープ」の開発に成功しました。素材を丸ごと活かして魚肉タンパク質をペプチド化することに世界で初めて成功したのです。出汁であるのですが実態は『日本人が発明した最強の栄養スープ』と言えるものです。

開発者は私の身内でもあるのですが山陰の親子は日本の伝統的な出汁を、人の命を救えるほどの付加価値が高いペプチドにまで進化させたのです。

「だし&栄養スープ」は気圧の差を活用した、低温煮熟の高度な自然製法によりイワシやカツオのタンパク質の熱変性を克服しています。命を丸ごと活かし切る海と山の素材丸ごとですから、複雑な旨み成分を含んだ『ペプチド出汁』になっており、従来の素材を煮出したエキスタイプと異なり素材の頭から骨までの分子が小さくなっています。煮汁に溶け出したエキスだけでなくすべての栄養を摂ることができるのです。栄養価も高くご家庭やレストランのみならず介護の現場でも医療の現場でも体力の回復に飲む点滴として展開しています。経営理念と言えるものは「だし&栄養スープ」に始まる「一物全体食」を通じて「売れての幸せ、買うての幸い」を目指しています。美味しくて栄養があって体にもいいものです。きっと買った下さった方に『買うてよかった』と思われるよう目指してまいります。
商品に対する質問はこちら
phone
お電話でのお問い合わせ

0120-438-718

help
よくある質問
keyboard_arrow_up