千年前の食品舎

mailお問い合わせはこちら 0120-438-718

ペプチドとは

ペプチドとは?
体内で消化の必要がありませんので体力の落ちた方でも
飲んで直ぐに免疫の材料となります。
ペプチドとは?
「ペプチド」とはタンパク質が分解されてアミノ酸として吸収される一歩手前の分子融合のことです。アミノ酸が数個から10個ほど繋がっています。分子が小さいために栄養吸収にきわめて優れた食品です。近年ペプチドはアミノ酸よりも吸収されやすいことが明らかにされてきました。
タンパク質とは
タンパク質とはアミノ酸が100個以上から数千個繋がっているものをいいます。
私たちの身体にも「ペプチド」は存在しています。
身近なペプチドはインシュリンや成長ホルモンです。「ペプチド」は神経伝達物質やホルモンの材料になったり、ホルモンそのものを作り出したりと生体維持の役割を担っています。
生体活動に「ペプチド」は不可欠
抗酸化作用、免疫調節、血圧調節、ミネラルの吸収促進、骨形成促進、美肌作り、脱毛防止、などあらゆる生体活動は「ペプチド」なしでは不可能です。
アミノ酸よりも豊富な栄養素
「ペプチド」は単体のアミノ酸よりも豊富な栄養素を持ち、体内に素早く吸収される性質があります。
「ペプチド」の本質は、アミノ酸としての栄養機能とは別の働きを行えるようにアミノ酸同士が10個ほど結合することで新たな機能性を持ち、生理活性や予防の役割を果たすところにあります。
ペプチドの吸収力
ペプチドは20~30分で吸収されますが食材が胃や腸で「ペプチド」にまで分解される前の段階までの消化時間をみると、半熟卵は1時間半、豚肉3時間15分、牛肉・うなぎで4時間15分かかります。更にこれから「ペプチド」か「アミノ酸」になるために時間と体力が必要となります。
消化器官に負担をかけない
食べ物の消化には大量の胃酸や酵素を使います。しかし無化学製法で「ペプチド」化された本品は病弱な方にも消化器官に負担をかけず、
わずか20~30分で血液の中に吸収され
体の修復・再生や免疫の材料に使われます。
製品の特長
ペプチドを飲むと免疫力が上がり自己治癒力を高めます。
医療の現場
また栄養が心や体の健康に強く関わることが明らかになるにつれて代替医療や統合医療機関では、分子栄養学に基づいた栄養療法を取り入れる機関も増えています。なによりも食事を美味しく頂くことが体に備わった治る力を活性化させ、病気と闘う体力と気力を回復させる基本になります。病弱な方にとって肉、魚、鶏卵など体が必要とするタンパク質の消化には負担がかかりすぎます。ペプチドである「だし&栄養スープ」はすでに消化された状態ですので消化吸収に体力を消耗することがありません。「だし&栄養スープ」はお湯に溶かすだけで美味しい栄養スープになります。500gの製品の中に素材の重量によって異なりますがカタクチイワシ・約150~200匹、カツオ・約1本、昆布・約650g原木椎茸・約15~20個、
無臭ニンニク・約30~35玉が丸ごと活かされています。
商品に対する質問はこちら
phone
お電話でのお問い合わせ

0120-438-718

help
よくある質問
keyboard_arrow_up