●ビタミン

ビタミンは、3大栄養素のようにエネルギー源や体の構成成分にはなりませんが、

体の機能を正常に維持するために不可欠な栄養素で、血管や粘膜、

皮膚、骨などの健康を保ち、新陳代謝を促す働きをしています。

必要量はごくわずかですが、体内でほとんど合成されないか、合成されても

必要量に満たないために必ず食品から摂取しなくてはなりません。

更にビタミンは溶解性の違いで水に溶ける水溶性ビタミンと油に溶ける脂溶性ビタミンに分類されます。

水溶性ビタミンは、尿などと一緒に排泄される為、必要な量を毎日取る必要があります。

過剰にとっても体内に蓄積されずに尿と一緒に排泄されてしまうので、とり過ぎの心配はあまりありません。

脂溶性ビタミンはその性質から油と一緒に摂ると吸収率が上がります。

また、肝臓に蓄積される為摂り過ぎると過剰症を起こすものがあります。

通常の食生活では摂り過ぎる心配はありませんが、

サプリメントなどで大量に摂り過ぎることがある為、注意が必要です。

 

●ミネラル

微量ながらも体の健康維持に欠かせない栄養素で、カルシウム、

鉄、ナトリウムなどの16種類の必須ミネラルがあります。

ミネラルの主な働きとしては、骨・歯など体の構成成分になったり、

からだの調子を整える働きがあります。

ミネラルは体内で合成することができないため、食事からとることが必須です。

不足すると、鉄欠乏性貧血、ヨウ素不足による甲状腺腫などの欠乏症を起こします。

また、カルシウム不足で骨粗鬆症になるなど、さまざまな症状が発生します。

この逆に取り過ぎた場合も過剰症を引き起こします。

鉄や亜鉛をとり過ぎると中毒を起こしたり、ナトリウムをとり過ぎると高血圧症に繋がります。