和食の出汁をとる食材として欠かせない「にぼし」。

にぼしは、主にカタクチイワシを煮て干したもので、栄養が豊富に詰まった小魚です。

今回は、にぼしの気になる栄養と効果について詳しく紹介していきます。

 

▷カルシウムが豊富

カルシウムは、健康な骨や歯を作るために欠かせない栄養です。

また、精神を安定させる働きもあるため、

ストレスによるイライラなどを改善してくれます。

さらに、にぼしにはカルシウムの吸収を促進する、ビタミンDも含まれています。

にぼし自体にカルシウムとそれを促進するビタミンDが含まれているため、

効率よくカルシウムを摂取することができます。

 

▷いわしペプチドが含まれる

いわしペプチドは、いわしのタンパク質が酵素によって分解された成分です。

いわし特有の栄養成分とも言えますね。

いわしペプチドは「サーディンペプチド」とも呼ばれ、

血圧を下げる働きがあり、高血圧の改善に効果があります。

 

▷DHAを豊富に含有

DHAには、血管そのものの柔軟性を高めたり血栓を溶かす働き、

血液中の悪玉コレステロール値を減らす働きがあるため、

血液をサラサラにする効能が期待できます。

また、脳の働きを活性化する役割もあり、

記憶力増強や認知症予防にも効果を発揮します。

脳の記憶や空間学習能力に関わる海馬には2倍以上のDHAが集中しているため、

DHAを摂取すると集中力や記憶力の向上が期待できます。

 

▷にぼしにはEPAも含まれる

EPAは、魚介類に多く含まれている不飽和脂肪酸のひとつで、

特に血液中の中性脂肪を減らす効果があり

血液中の中性脂肪が減ると、血液をサラサラに保つことができるため、

血管年齢の若返りの期待や、動脈硬化、心筋梗塞の予防にもつながります。

また、EPAにはアレルギーの原因となるプロスタグランジンや

ロイトコリエンという物質を抑制する作用があるため、

アトピー性皮膚炎などの症状の緩和効果も期待できます。

 

▷ビタミンB12が豊富

ビタミンB12は「赤いビタミン」とも呼ばれる栄養で、

葉酸と協力して正常な赤血球を作ります。

そのため、ビタミンB12には造血作用があり、貧血の予防や

めまいや慢性疲労などを防ぐ効果があります。

また、ビタミンB12は神経機能を正常に保つ働きもあり、

集中力の低下や気分の滅入りなどを改善する効能も期待できます。